時計や貴金属を買取・個人間で売る際の注意点やメリットをまとめました。

時計や貴金属を売って現金化

高価買取している

 

時計は人気モデルが値崩れしにくく、不用品の中でも高値で売ることがでます。
特に大人気モデルのロレックスは、定番の人気モデルや流通の少ないモデルが売れやすいです。
新しい時計に買い替えるために使用している時計を売る人が多いことから、市場はどんどん大きくなっており、買取専門店や業者もたくさん存在します。

 

また、貴金属も高値で現金化できるモノの一つです。
金・プラチナは、海外相場を円に換算して1g辺りの価格が決定されているため、壊れていたり傷や汚れやついていたりしても少量から売ることができ、購入時よりも高値で売れたというケースも珍しくはありません。

 

時計・貴金属を高く売るには

時計を売るにあたって大切なのは、ずばり“買取価格のリサーチ”です。
買取専門店のホームページやネットオークションで同じモデルを検索し、買取価格がとのくらいなのかチェックしておきましょう。

 

これは、知識の浅い買取業者に安く買われてしまったり、ネットオークションやフリマアプリで安値に設定してしまったりするのを防ぐためです。
なお、貴金属の場合はある程度の相場・適正価格が決まっているため、安く買い取られる心配がありません。

 

一方で、貴金属類は世界情勢によって左右されるという特性がありますので、売り時を見極めるという点が重要になります。
これらを売る方法はいくつかありますので、それぞれの特徴を確認していきましょう。

 

関連記事:ブランド物を高く売るには?

 

買取店で売る

 

電卓で査定金額を示す人物

 

これは一番ポピュラーな方法でしょう。
買取店にも大きく分けて3つの種類があります。

 

店頭買取

店頭買取は、売りたい時計や貴金属を店舗に持ち込んで、その場で査定と買取をしてもらう方法です。
即現金化できるというメリットがある反面、対面式なので断りづらいこと、買取金額に納得できなければ別店舗に足を運ばなければいけないことがデメリットといえます。

 

宅配買取

宅配買取は、売りたい時計や貴金属を業者へ送って査定・買取をしてもらう方法です。
業者から箱などの配送キットが送られてくるので、そこに詰めて宅配業者に集荷を依頼します。

 

家にいながら売りたいモノを現金化でき、査定額に満足できなければキャンセルができるので、対面式では中々断りづらいという人にお勧めの方法です。
しかしながら、買取金額の受け取りまでに数日かかるので、すぐに現金化したい人には向きません。

 

出張買取

自宅に来てくれる出張買取は、買取店舗が近くにない人や時間がない人にとって便利なサービスです。
自宅で査定から買取まで、スピーディーに取引ができます。
しかしながら、家まで来てもらっているということから、査定額に満足できなくても断りづらくなってしまうので、押しに弱い人は注意しましょう。

 

委託販売

委託販売は、自分の代わりに時計や貴金属を売ってもらう方法です。
委託販売店に時計を預けておき、その時計が売れたときに代金を受け取れます。
預けたモノは、楽天などのショッピングサイトオークションなどで売りに出されます。

 

委託販売は、買取店よりも高値で売れる可能性が高いという点がメリットです。

 

買取店では買い取った時計が売れない場合の在庫を抱えるリスクを考え、買取額を低く設定します。
さらにそこから家賃・人件費・広告費などを差し引くため、買取価格は高額買取と呼ばれている商品であっても、販売価格の70%程度となるのが一般的です。

 

これに対し、委託販売は販売価格から手数料のみを引いた分が買取価格となります。
手数料は販売価格の3%~10%となっているため、販売価格の90%以上で売れる計算です。
ただし、いつ売れるかがわからないため、現金化までに時間がかかるというデメリットがあります。

 

質屋

 

質屋のイメージ

 

質屋は、品物を預ける代わりにお金を融資してもらう方法です。
返済期限までに元金と利息を返済すれば、預けた品物は返却されます。

 

返済しなければ「質流れ」となり、質屋で売られることになります。
冠婚葬祭や給料日前に現金が足りないという人で、預けた時計や貴金属を買い戻したい場合にお勧めの方法です。

 

ネットオークション

ヤフオクなどに自ら出品して売る方法です。
時計や貴金属を扱う買取業者も利用しているため、適正価格さえリサーチしておけば満足のいく価格で売ることができるでしょう。
希望額を即決価格として出品することも、最低金額を設定し入札を待つこともどちらも可能です。

 

しかし、発送の手間がかかることや落札者とのトラブルが発生するリスクがあるため、慣れていない人にはお勧めできません。
なお、ヤフオクの出品手数料は、プレミアム会員は落札価格の8.8%・会員でなければ10%と、ややお高めです。

 

フリマアプリ

フリマアプリは自分で希望額を設定し出品できるので、適正価格さえリサーチしておけば著しく損をしてしまうようなことはありません。
メルカリラクマの2つが有名であり、販売手数料はメルカリが商品価格の10%・ラクマは6%となっています。(2021年2月現在)

 

なお、フリマアプリでは偽物も多く出回っているため、購入者が慎重になっています。
したがって、取引評価が高くないとなかなか信頼してもらえません。

 

普段利用していない人が、いきなり高額な品物を売るのは難しいでしょう。
また、出品や発送の手間や購入者とのトラブルなどのリスクも生じます。

 

専門買取店や委託販売の利用がベター

ブランド時計や貴金属は高価なものなので、トラブルやリスクの少ない買取店や委託販売の利用が安全です。
それぞれのメリット・デメリットを理解して、満足いく取引をしてくださいね。

ページの先頭へ戻る